ヒーリング

風水では北東が悪いのは本当?北東が悪い理由と部屋がある場合の対策方法

風水では、方角が重要だと言われています。
それぞれの方角に意味があるため、その意味を理解した上で家の間取りを構築することが必要だと考えられています。

たくさんある方角の中でも、北東は鬼門と言われる方角です。
最も神聖でパワーが強い場所となっていますが、その分北東においてはいけない間取りもあるため、怖いと感じる方も多くいるようです。

そこで今回は、風水の視点から見た北東の意味と対処方法についてご紹介していきます。

北東は本当に怖い方角?

北東は風水の視点から見ると、新しいエネルギーを生み出す神聖な場所だと言われています。
最もパワーが強い場所なので鬼門と呼ばれており、この名前からもネガティブな印象を持つ方が多くいるようです。

しかし、北東の場所を上手に利用すれば、家全体の運気をより高くすることができます。
そのため、怖がることなく北東を活用することを考えることが重要でしょう。

北東にある各部屋の対処方法

北東は運気が強い場所なので、トイレやキッチンを配置するのは向いていないと言われています。
しかし、すでに間取りが北東になっている部屋もあるでしょう。
そのような場合には、どのように対処したらいいのでしょうか?

玄関

玄関は人の出入りが多いため、鬼門に置くべきではないと言われています。
しかし、よりきれいな状態を保っていれば、よい気を家中に回すことができます。

そのため、普段から綺麗に掃除をしたり、靴を出しっぱなしにしないことが重要です。
より運気を高めたいのであれば、鬼門と相性がよい観葉植物を置くといいでしょう。

浴室

北東は土の気を持つ方位だと言われています。
そのため、水の気を持っている浴室とは相性が悪いと考えられています。

できるだけ運気を高めるためには、浴室のカラーをホワイトに統一することをおすすめします。
部屋全体を変えることが難しいという場合には、お風呂のフタや椅子を白にしておくことをおすすめします。

リビング

リビングは土の気を持つ場所なので、北東との相性は良いと言われています。
そのため、リビングを北東に配置すると運気を高めることができるでしょう。

インテリアはホワイトをベースにして、アクセントとして赤をいれておくようにすれば、より高い運気を維持することが可能となります。

まとめ

いかがでしたか?北東は鬼門と言われる場所です。
そのため、「怖い」「危険」というイメージを持つ方もいると思いますが、実は強いパワーを持つ場所です。

パワーが強い分、異なる気が流れている場所だとマイナスに働くこともあるので、そのような間取りになっている場合には対策を行うようにしましょう。

 

こちらも合わせて読みたい!

風水は運気を高めるだけではない!風水で健康を目指す方法を大公開

1Kやワンルームでも風水を取り入れられる!一人暮らしを満喫するためのインテリア