ヒーリング

【風水×赤】風水にとって赤色はどんな意味?赤を取り入れる効果とは

風水で重要だと言われているのは、「方角」と「色」です。
風水における色には、それぞれ異なる力を持っており、効果的に使うことによって自分の運気を高めることができると言われています。

では、風水の視点から見た時に「赤」はどのようなカラーなのでしょうか?
今回は、風水と赤の関係性について見ていきましょう。

風水における赤の意味

「赤」というと、血液や炎などを連想する方も多いでしょう。
そのため、風水における「赤」は「生命力」の象徴だと言われています。
また、「活発さ」や「情熱」という意味もあるようです。

生命力を高めることから、その人のやる気を高めたり重要な時に効果を発揮するという効果があると言われています。
ただ、とても強いカラーとなっているのでその効果は絶大ですが、使い方には注意が必要だと考えられています。

風水における赤の効果

では、普段の生活に赤を取り入れることによって、風水の観点から見るとどのような効果が得られるのでしょうか?
具体的に見ていきましょう。

仕事運を高める

風水で「情熱」を意味している赤は、ここぞという時に力を発揮することができる効果があると言われています。
そのため、仕事運を高めることが期待できます。

大事な仕事がある時や全体的に仕事の運気を高めたいと考えている方は、普段から赤を使った小物を持っておくことをおすすめします。

健康運を高める

風水における「赤」は、生命力の象徴と言われています。
そのため、赤いものを持つことによって、より健康な状態になるように促し、活力を沸かせる効果があると考えられています。

より高い効果を期待したいという場合には、トイレに赤い花を置くことです。
風水では、トイレは健康運を高めるのに最適な場所となっています。

しかし、トイレは日当たりがよくないケースが多く、汚れやすい場所なので、放置しておくと運気が下がりやすい状態となってしまいます。
このようなトイレに赤い花を置くことによって、運気が下がってしまうことを防いでよりよい状態を維持することができます。

この時に使う花は造花でも効果があると言われていますが、生花の方がより高い効能が期待できます。

子宝運を高める

赤は「生命力」を象徴するカラーと言われていることから、普段から持っておくことによって子宝に恵まれやすくなります。
もしかしたら、赤色が子宝に関係しているという意味から、子どものことを「赤ちゃん」と呼ぶようになったのかもしれません。

子宝のお守りを持つ場合には、「赤」のものを選んだ方がよいでしょう。

恋愛運を高める

恋愛運を高めるカラーは、風水では「ピンク」だと言われています。
しかし、ピンクほどではないにしても、情熱を意味する「赤」にも効果があると言われています。

赤い小物を持っておくというのも1つの方法ですが、女性の場合は口紅を赤い色にすると高い効果を見込めるでしょう。

 

風水で赤を取り入れる上での注意点

赤はさまざまな効果の高いカラーだと言われています。
しかし、安易に使ってしまうと逆に運気を下げてしまう可能性もあります。
そのため、ここからは利用する際に気を付けたい注意点についてご紹介していきます。

多用しすぎるとNG

風水の観点から見ると、赤は人を興奮させるという作用があると言われています。
そのことから、あまり多くのアイテムを赤にした場合、感情が高ぶってしまい、イライラしてしまう可能性もあります。

赤は効果が高いため、あまり多く使いすぎてしまうと喧嘩をしてしまうので、小物やワンポイントのアイテムとして取り入れることをおすすめします。

財布は赤にしない

風水の基本には、「陰陽五行」という考え方があります。
陰陽五行では「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素に分類して考えます。

風水における赤とは「火」の要素となり、金運に関係する「金」との相性はよくありません。
そのため、財布を赤にすると金運を下げてしまう可能性が高いと言われています。

このことから、財布だけではなくお金に関連するものには赤を用いないようにすることをおすすめします。

寝室に赤はおかない

先ほどもご説明したように、赤は興奮させるカラーです。
そのため、寝室に赤を置いてしまうと、リラックスすることができずに睡眠の質が落ちてしまいます。
寝具はもちろん、カーテン等も避けた方がよいと言われています。

寝室以外でも、自分がリラックスして過ごしたい場所に赤いものを置くのはやめておいた方がよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?赤はさまざまな力を与えてくれるカラーです。
上手に使うことによって、大事な時に運気を上げて成果を出すことができると言われており、普段から効果的に使いたい色となっています。

しかし、そのパワーが強い分、使い方を間違えると逆効果になってしまう可能性があります。
そのため、全体に使うことはせずに、パワーを得たいと思うタイミングにワンポイントだけ赤を取り入れるようにするといいでしょう。

合わせて読みたい!!

風水では花を飾ることも重要?風水の視点から見る花の役割とはいったい何?

手相に三角ある人はこれです。あなたに当てはまる手相はありますか?12種類紹介!