占い

占い師の人生とはいったい!?ヒーラーはどうやって生活してるの!?覗いてみましょう!

本日は占い師やヒーラーの人生について色々なパターンを紹介していきましょう。

まず初めに、占い師とヒーラーの違いを一言ずつ。

占い師:予想行い変える。
ヒーラー:力を使い変える。

占い師Aパターン

占いが好き。
これをAパターンにしましょう。

占いが好きでまずはタロットからやる方、非常に多いと思います。

タロットは分かりやすく解説されている本も多数ありますから。

タロットと同じくらい人気のものでオラクルカードなどもありますね。

占いは主に3種類に分類されます。

・命術(めいじゅつ)
「西洋占星術」
「インド占星術」
「宿曜占星術」
「四柱推命」
「算命学」
「紫微斗数」
「数秘術」

・卜術(ぼくじゅつ)
「タロットカード」
「オラクルカード」
「トランプ」
「コイン」
「花びら占い」

・相術(そうじゅつ)
「手相」
「人相」
「姓名判断」
「家相」
「風水」

タロットから入る人も、タロット+どれかの占いを取り入れている方も割と多い印象です。

占いが好きで長く続けられる人の特徴としては、
常にお客様がいる、または、毎日カードに触ってることが苦痛にならない人です。

逆にリタイアする人の特徴は
基礎など覚えることが多くて挫折する又は
対面などで話すのが思ってたのと違うというパターンがあるでしょう。

男性、女性共に占いが好きな人は多いですね。

占い師B

儲けの為にやるパターンをBパターンでしょう。

お客様の為に頑張る占い師と

自分の為に頑張る占い師がいます。

まず、お客様の為に頑張る占い師は
Aパターンの延長で好きで初めて、お客様の反応も良く、日々改善を重ねて人気になる方です。
特徴としては、一人一人のリピート率が高いこと、相手に寄り添い、求められていることです。

もう一つの
自分の為に頑張る占い師は
壺とか売る、お札を売るなど鑑定とは別の所で
稼ごうとする方です。
特徴としては不安を煽ったり、買ってもらえるよう誘導していくのが特徴です。

どちらの占い師も
お客様に需要が有れば成り立つのでどっちのタイプで占い師をしたいか参考にしていただけたらと思います。

占いで人生相談した結果どっぷりハマって抜け出せなくなる人も居るので、あくまで予測を聞いてる。参考にしようと割り切る事が大切です。

占い師C

代々、占いの家系をCパターンとしましょう。

こちらは身近に占いという業務に触れていて、
自然と自分も出来ている。
手伝っているという状況です。
特徴としては常連のお客様がいたり、
親子で比較されたり、1人で占い師をやり始めた時とは違う点があります。また家系から受け継いだ秘伝や伝承があるかもしれません。
自分の代で終わってしまうなど占い家系においての人生の不安もあるかもしれないですね。

ヒーラーA

元からエネルギーをコントロール出来る。
またはヒーラーの家系。
これをAパターンとしましょう。

ヒーラーとはヒーリング(癒し)を行う人のことをヒーラーと指します。

ヒーリングの種類

・レイキ
・アロマ
・シータ
・サイキック
・スピリット
・マグネティック
・オルゴール
・チャネリング
・ペンデュラム
・アニマル
・守護霊
・天使

家系からの場合
代々ヒーリング技法を継承していくことで、
力を強くしたり、磨いたりしています。
巫女や陰陽師の用にその家系しか出来ない技法などがあったりします。

特徴としては頼れる人がいるところ、
磨き方がある程度わかっている事です。

生まれつきの場合
技法というよりかは、感覚で出来る方が多いようです。
例えば人のオーラが見える、守護霊や浮遊霊が見えて、触れるなど、触る感覚を元から知っていたり。

特徴としては
力のコントロールや磨き方がわからないことです。見えすぎてしまってどう対処したらいいか分からないなど。

ヒーラーB

突然目覚めた方をBパターンとしましょう。

ある日突然、見えるようになった場合
夢から覚めたら霊やエネルギーが見えるようになった。
ある日突然天から声が聞こえて力に目覚めた。
という方がいます。

特徴としては
自分にしか出来ない役目として
捉えてる方が多いです。

事故で臨死体験をした場合

事故を通じて
霊界に行ったことで、
霊的存在を認識出来る用になった。

特徴としては
守護霊などと会話が出来る。
あまり、力を使おうとするわけでもない点が挙げられます。

ヒーラーCパターン

これは自力で能力を開花させた人を指します。

本来人間はエネルギーを感じる事が出来ます。

この人今、怒ってるかも、危ない雰囲気だ
など微弱にエネルギーを感じ取っています。

自力でその能力を磨いてオーラを見る、レイキを入れてもらい、レイキを使えるようになるなど、

あとは少し別ですが、
霊的なまじないや、呪いなど
他の階層(霊界、天界、妖精界など)を使って
力を使うことなども開花にあたるでしょう。

特徴としては
感覚的なものが強い分、ちゃんとやらないと
感じることすら出来ない人、多次元と繋がって身体が乗っ取られてしまうなど、あります。
良い面もあれば危険な面もあります。

最後のひとこと

いかがだったでしょうか。
占い師やヒーラーの人生について、
参考になったでしょうか?

占い師やヒーラーの方とお話をする機会がたくさんあるので色々なパターンを聞いて聞いた中の6つを紹介しました。

また新しいパターンが見つかったら記事にします。

占いやヒーリングは当たる占い師が良いなどありますが、当たってるように見せるのが上手い人もいますので、当たる、当たらないだけではなく、この人なら自分ん変えてくれるかもと思う人を直感で選ぶのも良い方法です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

合わせて読みたい!!

対面占いは当たる!?じゃあオンライン占いは!?

風水では花を飾ることも重要?風水の視点から見る花の役割とはいったい何?